診療案内

  
 当院では一般診療、予防接種、 健康診断、各種検査などの他、日常のケア(爪切り・歯切り、相談など)も行っております。
 親切、丁寧な診療とインフォームドコンセントを重視し、ホームドクターとして動物と飼い主様にとって最適な治療を施せるようにと思っています。
 高度医療が必要となる動物たちには積極的に大学病院等の紹介を行っています。
三田市にある小さな動物病院ですが、「ペットのことを気軽に相談できる」そんな動物病院です。
 病気、検査、治療、お薬などで不明な点やお困りのことがございましたら、ご相談ください。
 

  診療対象

   
ウサギハムスタ―小鳥
 

  診療時間

  
 
 

日/祝
 午前診療
9:00~12:00
 午後診療
5:00~8:00
  • 午後1時~4時は手術・検査・往診の時間です。
  • なるべく午前・午後の診療終了時間の30分前までにはご来院ください。
  • 臨時休診のお知らせはコチラ
  • 時間外診療・夜間救急はコチラ

  飼い主様へのお願い

 
 当院では診察をスムーズに実施するために飼い主様にご協力いただきたい点がございます。
 

すべての飼い主様へ

  1.  診察券を必ずご持参ください。
  2.  救急の対応をする場合など診察の順番が前後する場合がございます。
  3.  動物を落ち着かせ、しっかりと持っていただける方と一緒にご来院ください。
  4.  便・尿の異常。または嘔吐がある場合はその排泄物や吐物をご持参ください。
  5.  診療時間が長引くとその後の手術・検査・往診の開始が遅くなってしまいます。なるべく午前・午後の診療終了時間の30分前までにはご来院ください。

犬の飼い主様へ

  1.  必ずリードをつけて来院して下さい。
    リードをつけていない場合はしっかりと抱っこして床に下ろさないようにお願いいたします。
  2.  他の犬が苦手な人や動物も来院されることがあります。
    ご自身のワンちゃんを思わぬトラブルから避ける為にもリードを短く持つか抱っこをしてあげ、待合室では自由にさせないで下さい。
  3.  病院の敷地内で排泄をしてしまった場合は清掃・消毒を致しますので、すぐにスタッフまでお知らせください。

猫の飼い主様へ

  1.  あらかじめキャリーケースや洗濯ネットなどに入れて来院してください。
     環境が変わるなどのストレスで大きく気性が変化する場合がありますが、洗濯ネット内では落ち着きやすく、また逃げ出すこともなくなるので、不慮の事故を未然に防ぐこともできます。
  2.  キャリーケースなどの上からタオルをかけてあげると落ち着きやすくなります。

小動物の飼い主様へ

  1.  適切な大きさのキャリーケースなどに入れてご来院ください。
  2.  1年を通して暑すぎたり、寒すぎたりしないように温度管理に注意してあげてください。
  3.  キャリーケースなどの上からタオルをかけてあげると落ち着きやすくなります。

お子様とご一緒に来院される方へ

  1.  病院へ来院する動物たちは、体調不良であったり、伝染病ワクチンが未接種であったり、触られるなどのストレスに弱い場合もございます。
     大きな声を出したり、むやみに他の動物たちに触れさせないようにお声かけいただきますようお願いいたします。
  2.  お子様のオムツ替えをする場所が必要など何かお困りのことがある場合は、スタッフまでお声掛けください。